おまとめローンをした後に新規借入

キャッシングでは多重債務状態だと新規の借入が難しいとされています。そこで借入の前におまとめローンを利用して借金の1本化をすることで審査に通過しやすくする事ができます。

 

新たにキャッシングの申し込みをする前におまとめローンを利用したい場合には銀行よりも消費者金融を利用する方が良いでしょう。銀行は審査が厳しいため消費者金融の方が有利なのです。

 

消費者金融の方が審査に通過しやすい

キャッシング全般に言えることですが銀行よりも消費者金融の方が審査が通りやすいと言われています。銀行はあくまでも一般人にお金を貸さなくても企業を相手にするだけで十分仕事になるため審査をしっかりと行う傾向にあります。

 

消費者金融はより沢山の人にお金を貸したいのでこのような状況になるわけです。こうした傾向は業界誌などでも比較され数字で証明されています。

 

新規の借入をしたい場合は急ぐ必要あり

おまとめローンは通常の場合だと多重債務を解消するために行いたいものですから急ぐ必要がありません。しかし新規で借入を有利にするためにおまとめローンを利用する場合はお金が急いで必要な状態でしょう。

 

時間があれば条件の良い銀行のローンも選択の余地がありますが、急いでいる場合は消費者金融を選ぶことになるでしょう。消費者金融を選ぶ理由としては審査に通りやすいというだけでなく、審査のスピードも全く違っています。

 

消費者金融の審査では最短だと30分程度で即日利用が出来る場合まであります。銀行のローンはしっかりと審査を行うためこれほどのスピード融資はまず無理と考えていいレベルです。こうした理由から新規借入のためのおまとめローンは消費者金融がおすすめなのです。

 

消費者金融の中でもおすすめの業者は?

消費者金融系でおまとめローンのサービスを提供している業者はあまり多くはありません。「プロミス」「アイフル」「アコム」などではおまとめローンを提供しています。どの業者が一番良いかというのは難しい話になってきますが、自分の借入状況などと照らし合わせて一番有利なサービスを選ぶようにすると良いでしょう。

 

例えばアイフルのおまとめローンでは金利が12.0%〜15.0%となっています。それに対してプロミスでは6.3%〜17.8% と下限は低いものの上限は高くなっています。借入金額によって適応される金利が異なってくるためとても重要な部分になります。

 

プロミス


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分 最大30日間※1

※1 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

下限の低いプロミス

プロミスは下限の金利が断然低いです。必ずしも下限金利が適応されるわけではありませんが、借入金額が大きくなるほど金利は低くなる傾向があります。おまとめローンでは借入額が大きくなりがちですからプロミスの利用をお勧めしています。借入限度額は300万円となっているため例えば300万円を借入れば下限金利が適応されます。

 

しかし必ずしも300万円を借りる必要はありません。もちろん必要な金額がちょうど300万円であれば何の問題もありませんが、そういったケースはとてもレアでしょうから必要な分だけ借りるようにしましょう。300万円を借りれば当然ながら下限の金利になりますが、その前の段階で例えば200万円程度でも十分に低い金利が適応されるでしょう。具体的には借入金額が100万円を超えるあたりからプロミスの方が有利になると言えます。

 

つまりおまとめローンでの借入金額が100万円を超える場合はプロミスを利用するのがお得なのです。もちろん必ずそうなるとは言い切れませんので借入の際には改めて金利を確認してください。逆に100万円を下回る場合にはプロミスを利用せずにアイフルなどを利用した方が懸命でしょう。少額の借入の場合は上限の金利が低い方が低い金利でお金を借りる事ができます。

 

とはいえ、おまとめローンを100万円以下で利用するという事はあまりありません。絶対に無いとは言えませんが100万円程度であれば1社から十分に借入ができますし、あまりおまとめローンを利用するメリットがないためレアケースなのです。

 

アコムのおまとめローンは?

ここまでプロミスとアイフルを比較してきましたがアコムにもおまとめローンがあります。借換え専用ローンという形でサービスを提供しています。金利は4.7%〜18.0% と他社と比較してもとても大きな幅があります。

 

プロミスやアイフルと比較すると金利の幅がありすぎるため利用しにくいサービスです。ただ、既にアコムでの借入がある場合に1本化したいケースなどでは利用しやすいです。基本的にはプロミスやアイフルでの利用を考えつつも借入金額によってはお得な場合もあるので第三候補として考えてみるのは良いかもしれません。

 

まとめ

これまでの話を総括するとおまとめローンはプロミスかアイフルを利用するのが良いでしょう。どちらを利用するかは借入の総額によって金利が安くなる方を選択するのがベストです。

 

ただし、あくまでも消費者金融の中で選ぶ場合はこの2社が有力であるという話です。時間的に余裕があるのであれば銀行のローンなどの方が金利が安く有利ですから、1本化を検討するのであれば銀行のローンについても調べてみると良いでしょう。

おすすめカードローンリスト

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日