ブラックリストに載る原因と解決策

よくキャッシングをしようと思っているときに見る「ブラックリスト」という単語があります。ブラックリストという言葉自体、リストが存在して業界内でそれがやり取りされているような感じがありますが、実はそうではないのです。実際にリストとしての実物があるというわけではありません。

 

キャッシュカードやクレジットカードを使ってお金を借りたとき、借りている人が期日までにお金を返しているかどうかという情報や、他社からいくら借り入れているかという情報が記録されている機関があります。これが「信用情報機関」と呼ばれるものであり、期日通りにお金を支払っているかどうかを見ているところなのです。

 

この機関は国の委託を受けており、前述の信用情報を管理しているところです。例えば過去に延滞などの事実があれば、その情報が信用情報機関に記載され、登録されてしまいます。いわゆる金融事故というものですが、この情報に登録されることを「ブラックリストに載る」という表現をするのです。

 

ブラックリストに載ってしまうのはなぜ?

信用情報機関に登録されている情報は、キャッシングやクレジットカードの契約件数、残高、返済状況など多岐にわたる情報が記載されています。そしてブラックリストに載ってしまうときというのは、お金を期日通りに返さないと載ると思って間違いないでしょう。ただ、人間誰しも間違いはあるもので、数日遅れて返済してしまったというようなことはあるでしょう。

 

こうしたときには、いきなり最初からブラックリストに載ることはありません。しかし延滞情報としては記録されます。この一度の過ちだけならまだいいのですが、延滞を何度もしているような人だと、注意人物として記録されてしまい、他社の審査やすでに使っているカードでも枠増額の審査が通りづらくなります。

 

ブラックリストに載る人というのは、借りたお金をいつまでも返さず、数ヶ月単位で返済をしない人などです。一般的に3ヶ月以上滞納があるとブラックリストへの掲載はまぬがれないと思ってよいでしょう。また、借金をして債務整理を行ってもブラックリストに載ります。

 

債務整理というのは自己破産や個人再生といった、個人ではもはや返しきれない借金を法に則って返したりチャラにしたりする方法のことで、債務者が追い詰められないようにするために国が定めた方法です。しかしキャッシング会社からすれば、借りたお金を返さない人というのは問題がある人ですから、ブラックリストに載るのも仕方がないことなのです。

 

ブラックリストに載ることで被る不利益とは

キャッシング会社からすれば、借金を返すことができずに債務整理を行った人のことを信用して、次回以降もお金を貸すでしょうか。たぶん貸さないでしょう。また焦げ付かせたら厄介ですので、一度債務整理をした人というのはブラックリストに載せ、次回以降の審査に関しては慎重になるのです。

 

一度リストに載ると、住宅ローンや自動車ローンなど、さまざまなローンにも通らなくなりますので、それは注意しておいてください。生活していく上でこれはかなり不安なことなのです。住宅や車を購入するときに一括でお金を用意しなければならなくなるからです。

 

ブラックリストは生涯消えないのか?

ここで不安なのが、「ブラックリストに載ってしまったら、その情報は生涯消えないのか」ということですが、心配はありません。一定期間(5年から10年)経てば、信用情報から情報は消えることとなっています。国内にはJICC、CIC、KSCという3つの信用情報機関があります。

 

ブラックリストに載る要因は、債務整理をした人と延滞した人という2つの点が問題になることはお話しました。この債務整理は手続き完了後、延滞は延滞が解除後5年間は情報が消えません。延滞し続けて逃げていると5年間という期間が消えずに残っていくことになってしまいます。

 

ブラックリストに載り続けることが嫌ならば、借金を早く返す算段をつけるべきです。また、債務整理も視野に入れましょう。リストには載りますが、5年間の期間が先延ばしにになるよりは、現実的な解決策を模索するほうがはるかにマシなのです。

おすすめカードローンリスト

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日