おまとめローンは金利で選ぶ

借金を一本化するために使う、おまとめローンの存在は多重債務者に優しい金融商品です。毎月のキャッシング支払い日などをひとつにすることで借金の利息や日にちをわかりやすく管理する面でも、おまとめローンは助かる存在ですが、それをどのような基準で選んでいけばいいのかをここでご紹介していきたいと思います。

 

借入金額のときに低金利になるものを

おまとめローンは借入金額によって金利が違います。

 

消費者金融の場合

消費者金融のおまとめローンは複数会社で申し込みが可能になります。そこで選ぶ条件としては低金利というキーワードがポイントになってきます。プロミスは借入金額が大きいときに低金利になり、アイフルは借入金額が小さいときに低金利となります。

 

借入金額が大きいときに低金利になる金利は「下限金利」を比較することでわかる

おまとめローンの金利は低金利で見ることになりますが、下限金利で見ていきますと、プロミスは6.3%、アイフルは12.0%となっています。こうして見ると、プロミスが半分の金利だと言うことが把握できます。

 

借入金額が小さいときに低金利になる金利は「上限金利」を比較

借入金額が小さいときの下限金利は、アイフルで15.0%、プロミスで17.8%となっていますので、借入金額が小さいときなら、アイフルの方が有利ということになります。

 

借金額がいくらまでならアイフルのほうがいい?

これに関しては基準があるわけではありません。おおまかに考えて、アイフルよりプロミスが安くなると考えるラインは100万円の借入額を超えるあたりからです。この根拠となる理由は、おまとめローンの金額にあります。プロミスは300万円、アイフルは500万円までの限度額です。

 

ですから、プロミスが6.3%になるのは300万円の借入、アイフルが12.0%になるには500万円借りないといけません。ですから、300万円の借入の時点ではアイフルの金利は13%付近ですから、100万円を超えるあたりでプロミスがアイフルよりも安くなっていることがわかります。

 

プロミスは最初の金利は高いのですが、そのうち逆転してしまうということになりますので、アイフルでおまとめローンを使うのは100万円を超えるあたりまでで、それを超えたらプロミスのおまとめローンを使うほうがよいと思います。

 

可能であれば、銀行のおまとめローンを使う

ここで銀行のおまとめローンを使う方法についてご説明していきます。審査自体は消費者金融よりも銀行のほうが厳しい傾向にありますが、審査に一旦通ることができれば、銀行のおまとめローンを使うほうが有利ということがあります。理由はもちろん低金利だからです。

 

ですから、おまとめローンを使いたいけれど、即日融資をしたい場合には銀行はやめておいたほうが無難です。普通のローン審査も難しいのに、おまとめローンの審査になると、審査はそれ以上に厳しい状況になっていくでしょう。ですから、審査に通るかもしれない状況なら、銀行カードローンを申し込んだほうがよいでしょう。

 

低金利であっても返済期間が長引くことで利息は多くなっていく

低金利でも返済期間によっては全体の利息は多くなっていきます。ですから、おまとめローンを使う段階で返済期間がどのくらいだろうと計算していくなら、長期間の返済に応じた金利の計算をしていかないといけません。

 

長期間返済することになりますから、借金をまとめたのにもかかわらず、利息が増えてしまったケースとして、返済期間が長引いたために全体の利息が多くなり、結局、当初の予定と違ってしまったといったことがあります。ですから、「おまとめローンは利息が減る」という考えは無くすべきなのです。

 

返済期間が同じであれば、低金利なら全体的に利息の合計も減ってきますから、おまとめローンを使って低金利にするということは普通に良いことなのです。大切なことは返済期間のチェックだけしっかり行うということです。借金を一本化して返済のことを考えるのは当然のことなので、意識しながら返済をしていくのはとても大切なことです。

おすすめカードローンリスト

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日