乗り換え時にはしっかりとしたシミュレーションを

もし、あなたがキャッシングをしていて借入先を変えたいと思うなら、変えた時にどうなるかというシミュレーションを行うことが大切です。乗り換えをすることによって、今までよりも金利が安くなるということがあるのです。例を挙げるなら、多数キャッシングしていて、その中に銀行カードローンがあり、銀行カードローンから借り入れている額のほうが多かったなど、そういった場合において借入先を変えるメリットがあるのです。

 

さらに、この例に加えて「おまとめローンで借金を一本化するときに、借り換え先が消費者金融」という場合、利息が高くなってしまうこともあるので、借入先を検討するなら、返済のシミュレーションをしっかりと行い、消費者金融の金利や銀行カードローンの金利をよく考えたうえで借入先の変更を行いましょう。

 

おまとめローンや借り換えをして高金利になってしまう例

上記で書いた以外にも、さまざまなケースがあります。消費者金融と銀行カードローンでは、消費者金融のほうが金利は高いので、銀行カードローンへ乗り換えれば、金利は安くなって返済も楽になるはずですが、そうではない場合というのがあるのです。それが、「消費者金融と同じくらい金利が高い銀行カードローン」が存在する場合です。

 

金利が高いのは「オリックス銀行・じぶん銀行」

オリックス銀行とじぶん銀行は金利が高いです。例えば、オリックス銀行の上限金利は17.8%で、じぶん銀行は17.6%です。これを消費者金融のプロミスと比較してみると、プロミスは17.8%です。オリックス銀行とじぶん銀行を比べたときに、この金利は消費者金融と同じ金利なので、乗り換えたところで安くなるメリットはないのです。

 

安くなるのは借入金額が大きいケース

このように書くと、オリックス銀行、じぶん銀行が金利が高いというように思うかもしれませんが、上限金利に限った場合において、両方とも小さい借入金額のときの金利では、多く借りた場合の金利に乗り換えると金利的に安くなる場合があります。これを下限金利と言います。

 

プロミスは4.5%なのですが、オリックス銀行は3.0%、じぶん銀行は3.9%ですので、ずいぶんと安いのではないでしょうか。小さい金額のときに乗り換えても変わりませんが、大きな金額のときに乗り換えたら変わるということになります。乗り換えをしても金利に変化がないというのはこういうことなのです。こういったことはよくあることなので、返済シミュレーションを事前によく行い、間違いのないようにしておかなくてはいけないのです。

 

返済シミュレーションの方法

こういった返済シミュレーションは業者や銀行の公式ホームページで計算が行えるようになっているので、シミュレーションをするならこういった計算ツールを使い、計算するのが手っ取り早い方法です。こうした計算サイトというのは個人レベルでも存在しますが、その場合には実質年率を自ら入力しなければならないので、業者・銀行が提供しているシミュレーションツールを使うことが最も素早くシミュレーションできる手段ということになります。

 

業者・銀行でシミュレーションする場合の注意点とは

こうした業者や銀行のサイトで行うシミュレーションツールですが、実は間違いがあることがあります。その理由は「実質年率」にあります。公式の計算ツールでは、この実質年率が低く設定されていることが多かったりするのです。この実質年率は借りているお金が多ければ大きくなりますし、少なければ低くなります。

 

こうした計算もシミュレーションで行えなければいけないはずなのですが、例えば「実質年率18%」と設定されているのに「14%」の計算で表示される場合があるのです。そのため、計算上で誤差が大きく出てしまうといったこともあり得ますので、実際には注意が必要なのです。

 

大手業者・銀行のシミュレーションツールを使っても、こういった誤差が出るといったことがままありますので、そういったときに注視するのは「検索結果」の欄です。そこには「実質年率○%での計算です」という文言が表示されますので、ここをよく見ておいてください。実質年率がかなり低めに表示されていれば、個人サイトを使って自分で実質年率をいれて再計算することをおすすめします。

 

個人サイトの計算し直し

50万円未満などの借入額の場合、消費者金融の場合は18%、銀行カードローンの場合は14.5%の計算で行いましょう。これが一般的な計算方法です。もっと細かく計算したい場合には、その業者や銀行の上限金利を入れて計算するようにしましょう。

 

銀行カードローンは上限金利に違いが結構あるので、計算は細かく行ったほうがよいです。消費者金融は18%ですが、プロミスは17.8%と少しだけ低い上限金利になっていますが、これは小さい誤差の範囲なので、あまり気にしなくてもよいでしょう。

 

おまとめローンや乗り換えローン時に計算する金利や計算方法、シミュレーションツールの使い方などを記しましたが、いかがでしたでしょうか。業者によっては乗り換えたら逆に金利が高くなってしまったとうこともありますので、これまでご紹介してきた計算ツールを使ったり、個人サイトで計算したりして間違いのないようにしましょう。

おすすめカードローンリスト

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日