夫の同意書が必要ないカードローン

キャッシングの利用は本人に収入があることが利用の条件です。そのため専業主婦は基本的にキャッシングを利用することができません。ですが一部の銀行では専業主婦でも利用出来るカードローンがあります。

 

その中でも三菱東京UFJ銀行、楽天銀行、みずほ銀行は配偶者の同意書なしで利用出来ることになっています。配偶者の同意なしでキャッシングを利用するにはこの三行を利用するようにしましょう。

 

 

配偶者に秘密でキャッシングができるカードローン

基本的に収入のない主婦がお金を借りるためには収入のある配偶者つまり夫の同意が必要になります。しかし、既に紹介した三行では同意がなくても専業主婦が借入を出来るのです。

 

他にも東京スター銀行、横浜銀行なども同意なしで利用できます。専業主婦でキャッシングを利用したい場合はこれらの銀行に申し込みをするようにしましょう。

 

同意なしで借りられるという事は

本来であれば夫の同意が必要なので内緒のキャッシングという事はできません。しかし配偶者の同意なしでキャッシング利用出来るカードローンでは内緒でお金が借りられるという事になります。

 

お金を借りたい事情は様々だと思いますが、夫にバレたくないというケースは少なくないでしょう。配偶者の同意が必要なカードローンでは間違いなくバレてしまいます。同意なしで借りられるカードローンは手間が少ないだけでなく内緒のキャッシングにも最適なのです。

 

より簡単にキャッシングが利用できる銀行

配偶者の同意が必要ないカードローンの中でも借入が簡単な銀行は横浜銀行、楽天銀行の二行です。なんと配偶者の同意の他に住民票も不要となっているため借り入れがとても簡単になっています。

 

通常だと収入のない専業主婦は配偶者の収入で返済を行うため住民票で結婚しているということを証明する必要があるのです。住民票は役所に行けば簡単に手に入りますが、役所に行くこと自体が面倒ですから不要な方が楽で良いですね。

 

つまり横浜銀行、楽天銀行で申し込みをする際には専業主婦でも身分証明書のみで借入が出来るわけです。普通に働いている人とほぼ同じ条件で審査を受ける事ができます。在籍確認などが行われないため場合によっては働いているよりも簡単な審査で済む事もあります。

 

信販系の消費者金融は利用しない

銀行のカードローンの他にも専業主婦が利用出来るカードローンが存在しています。アコムやプロミスといった大手の業者はそもそも専業主婦は借りられないため問題ないのですが、セゾンやセディナといった信販系に専業主婦OKのサービスが存在しています。

 

しかし、これらの信販系の業者はお金をメインにしている消費者金融などに比べるとサービス内容が良くありません。まず審査時間がとても長く数日から1週間程度かかります。キャッシングを利用したい場合は急ぎである事が殆どでしょう。審査に時間がかかることは大きなデメリットです。

 

更に金利などについても特定の条件を満たす一部のサービスを除けば高く設定されています。金利が高いサービスをわざわざ利用する必要はありません。つまり専業主婦のカードローンとしては積極的に利用するメリットはあまりないでしょう。

 

これらの理由から信販系のカードローンはあまりおすすめしません。なるべく銀行系のカードローンを利用するようにしましょう。

 

専業主婦でも借入額を増やしたい

専業主婦のキャッシング方法はいくつかあるのですが、限度額を高くしたいとなると選択できる方法は限られて来ます。基本的には専業主婦が借入出来る金額は30万円までとしているところがほとんどです。しかしイオン銀行と楽天銀行では専業主婦でも50万円まで融資可能としています。

 

これ以上の融資を希望する場合には配偶者の協力が必要となりますが、急な出費で50万円で足りないことはほとんどないでしょう。融資額を増やしたい場合はイオン銀行か楽天銀行で申し込みをするようにしましょう。

おすすめカードローンリスト

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日