おまとめローンによって過払い金請求ができなくなってしまいます

金利の面で優遇を受けられる、返済先が1つになることでその管理が楽になる、とメリットは数多くありますが、これといったデメリットがないと思われているおまとめローンですが、実は1つだけデメリットがあります。それが過払い金請求ができなくなるということです。これについて見ていきたいと思います。

 

どうして過払い金請求ができなくなるの?

おまとめローンとはその名の通り、複数の借り入れをまとめて1本化するローンです。例えば4社からの借り入れがあったとします。それらを各A、B、C、D社とした場合、新たにE社からおまとめローンとしての借り入れを行って、それまでのA〜D社との契約を解除します。それまでの借り入れ先との契約の解除をしてしまうため、例えこの中のB社やC社に過払い金があったとしても、それも無かったことになってしまうのです。

 

過払い金請求とは?

これは現在のように出資法による金利の上限が20%になる前に借り入れを行った人に発生している場合がある、本来払う必要がない金利のことです。金利を決める法律にはこの出資法と利息制限法があり、現在では業者からの借り入れに対しては共に20%が上限ですが、出資法は2010年までは29.2%が上限でした。

 

この出資法の方を適用して、利息制限法を超えた金利での貸し出しを行っていた業者が存在しました。これが違法だという最高裁の判決が出たため、出資法を適用した高額の金利を支払っていた人は、利息制限法を超える分の金利、つまり過払い金の返還請求が出来るようになりました。これを過払い金請求といいます。

 

過払い金があると思われる場合は?

これから組もうと思っているおまとめローンでまとめる消費者金融を2010年以前から利用していた場合、この過払い金が発生している可能性があるので、そのような人はおまとめローンを組む前にまず過払い金があったかどうかを調査して、あった場合は返還を受けてから改めておまとめローンを組むことをおすすめします。

 

この過払い金の調査は、その消費者金融に直接調査してもらうことができます。弁護士や司法書士を通じて行うこともできますが、この場合はその手数料が発生しますので、それも考えて行う必要があります。

 

おまとめローンは必ず組めるとは限りません

そもそもおまとめローンは必ず組めるものではありません。融資が高額になるため、通常のキャッシングより審査が厳しいこともあり、返済能力がないと判断された場合は審査で落とされてしまうことになります。

 

業者側からしても、このおまとめローンを組んでもらうことで他社の利用者を獲得できるというメリットがあり、融資も高額になるのでその分多くの金利も得ることができるので、できれば利用してもらいたいと思っています。ですがやはり貸し倒れになることだけは防止したいのが本音です。本人の返済能力を超えていると思われる貸し出しは行う訳にはいきません。

 

おまとめローンを申し込む人は、現在それなりの借り入れがあるのは当たり前です。ですので他社からの借り入れ総額や件数がそれほど審査に不利になることはありませんが、その人の返済能力と比較してあまりに高額になる場合は、やはり断る結果となります。折角の他社の利用客を獲得できるチャンスですが、貸し倒れになるよりはマシだからです。

 

おまとめローンで逆に借り入れが増えることも?

これはおまとめローンとして融資を受けたお金を返済には使わずに、違うことに使ってしまった場合です。このようなことは絶対にやってはいけません。ですがおまとめローンを提供している業者の中には、本当に返済に使ったかの確認をしないところもあります。このような場合につい少しだけなら、と遊興費などに使ってしまうと、それが原因で借り入れが増えてしまうことが往々にしてあります。

 

元々おまとめローンを組むことを考えている時点で、借り入れ慣れをしているといえます。1社を残して全て返済をして、残ったお金は使ってしまい、そして新たにまた借り入れを…というようなことになると、借り入れ総額はどんどん膨らんでしまいます。これでは折角まとめた意味がありません。

 

またおまとめローンを組むことで、借り入れ件数が一気に減ります。これによって新たな借り入れがしやすくなってしまうのも、この現象を引き起こしてしまう原因だといえます。このような行為は自分の首を絞めるです。いつまで経っても返済ができないどころか、最悪は債務整理を行うことになってしまうかも知れません。おまとめローンとして借り入れたお金は必ず全て返済のために使いましょう。

おすすめカードローンリスト

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日