アルバイトでも10万円の即日融資を受けられます

アルバイトの人でも即日融資で10万円の借り入れを行うことが可能です。現在ではキャッシングでの即日融資は当たり前になってきています。

 

またこの10万円までの借り入れは、定期的な収入さえあれば問題なく審査を通過できる、最低の限度額です。

 

パート・アルバイトにおすすめのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

信用情報に気を付けましょう

10万円の借り入れは普通に仕事をしている人であれば、まず問題なく行えます。上にも書きましたが、この10万円という限度額は消費者金融や銀行の最低の限度額です。キャッシングの審査では借り入れ希望額に応じて判断される部分がありますが、ある程度の定期的な収入があるにも関わらずこの10万円の希望でも審査に通らないような場合、信用情報に問題があることがほとんどです。

 

この信用情報とは、信用機関に記録されている申し込みをした人の現在の他社からの借り入れ状況や過去の返済状況などの個人情報です。これに問題があると、10万円の借り入れも行えないことがあります。この10万円の審査に落ちたということは、金額に関わらずキャッシングを行うのは不可能だということになります。

 

信用情報で落とされてしまうケースとしては、まずは現在の他社からの借り入れ額と件数の問題です。年収に対して借り入れ額が多い場合、返済の不安があると判断されて審査で落とされてしまうことがあります。また借り入れ件数も大事な要素です。何件も借り入れを行っている人はやはり信用できないと判断されて落とされてしまいます。

 

そしてその現在の借り入れ状況以上に大事なのが、過去にキャッシングやクレジットカードの支払いの遅延があったかどうかです。キャッシングはその人を信用してお金を貸す金融サービスです。そのため、担保や保証人は必要ありません。過去に返済の遅延をしたようなことがある人は信用できないと判断されてしまうのは当然です。

 

またこの信用情報には直近の約5年分の情報が記録されています。この期間を過ぎれば過去に何かしらのトラブルを起こしたことがあっても、その情報は消去されていると考えて大丈夫です。ですが債務整理を行った場合は少し長くなり、5〜10年はその記録が残ることになり、その間は一切のキャッシングやクレジットカードの利用はできません。

 

信用情報で落とされてしまう場合

勤務先や収入には問題がないはずなのに、10万円の審査で落とされてしまう場合、一般的な消費者金融や銀行からの借り入れはほぼ不可能だと考えてください。審査はどこでもほぼ同様のシステムで行っているので、一箇所で10万円の審査に通らなかった場合、どこに行っても結果は同じだと思ってください。

 

このような場合でも、独自審査をうたっている小さい消費者金融であれば審査を通過できる可能性があります。ですが独自審査とは聞こえがいいですが、要は大手の消費者金融から借り入れできないような人をターゲットに、法定金利ギリギリで貸し付けを行う業者です。

 

大手の消費者金融では10万円までの借り入れに対して最高でも18%の金利ですが、この手の業者では20%に設定しています。これは返済の遅延をしてしまった場合の遅延損害金と同じ利率です。もちろん違法ではありませんが、コンビニなどのATMは利用できないことがほとんどで、また返済に関しては他社以上に厳しいことが多いです。このような業者の利用はおすすめできません。

 

銀行のカードローンの利用は?

10万円であれば銀行のカードローンから借り入れを行う手もありますが、審査の通過率やそれ掛かる時間を考えた場合、消費者金融の利用をおすすめします。特に即日融資を希望する、銀行では難しいことが多いです。

 

またアルバイトの人の場合、銀行では審査でそれが不利になることがあります。消費者金融では10万円の希望であれば、収入さえあれば職業自体はあまり気にされることはありませんが、銀行では違い、少額の場合でも職業の安定性が重視される傾向があります。

 

銀行のカードローンの審査の通過率は消費者金融の半分程度だというデータが出ています。審査が厳しい代わりに金利が多少低いと考えてもいいでしょう。即日融資を希望する場合には向いているとはいえません。

 

金利は低いですが…

消費者金融より銀行の方が金利が低く設定されています。ですが10万円の借り入れであれば、それが大きく影響するような差ではありません。多くの消費者金融では10万円の借り入れの場合、金利は18%になります。銀行の場合は平均して14.5%程度です。

 

この両者で10万円を1ヶ月(31日間)借りた場合の金利額は、消費者金融では1528円、銀行では1231円になります。およそ300円の差がありますが、即日融資を希望するようなすぐにお金が必要な状況ではこの金額の差より、審査の通りやすさの方を優先するべきです。

 

10万円であれば返済をするのがそう難しい金額ではありません。早めに返済してしまえば、この金利の差は気になる範囲ではありません。すぐにお金が必要な場合、消費者金融の利用がおすすめです。

おすすめカードローンリスト

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日