キャッシングの審査はスコアリングで決まる?

キャッシングの審査では、スコアリングシステムというものが採用されています。これは申し込みをした人の各情報を数値化し、融資を行っても大丈夫だと判断できる数字に達したかどうかで審査の合格、不合格を決めるシステムです。

 

申し込みをした人の勤務している会社の知名度(大きい会社ほど点数が高くなると思ってください)、勤続年数、そして年収はもちろん、他社からの借り入れ額や件数などの各審査項目にそれぞれポイントが振られていると考えてください。

 

どの項目に点数を多く振るかは消費者金融によって多少異なりますが、どこか1社で低いスコアになってしまった場合、他の消費者金融でも同様に判断されることが多いです。これはどこでも同じようなシステムを採用しているためです。

 

足切りスコアがあります

どの消費者金融や銀行でも、このスコア以下の場合は問答無用で不合格にするというラインを決めています。これによって審査のスピードが早くなるのはもちろん、融資を行っても返済が期待できないような人を一瞬で見極めることができます。

 

この足切りになってしまう場合とは、信用情報に問題がある場合です。キャッシングの審査では、申し込みをした人の信用機関に記録されている個人情報が大事な要素になります。これにはキャッシングやクレジットカード利用歴が記録されていて、現在他社からいくらの借り入れを行っているか、件数は何件かといった情報はもちろん、過去に返済の遅延をしたことがあるかどうかなどの情報も含まれています。またTVショッピングなどの分割払いを利用した時にも記録されます。

 

この信用情報に問題があった場合、スコアが極端に低くなるため、まず審査を通ることはできません。一度や二度の返済の遅延でそれほど悪くなることはありませんが、長期間の延滞があった場合や何度も遅延が繰り返されたことがあった場合、審査に合格することは難しいと思ってください。

 

キャッシングは原則的に無担保、保証人なしで利用できますが、それはその人を信用してお金を貸しているということです。返済の遅延を何度も行うような人は信用できないと判断されてしまいます。また過去に債務整理を行った場合、その記録が信用情報から消えるまでは原則的にキャッシングやクレジットカードは利用できません。この信用情報は直近の約5年間分が保持されています。

 

逆のパターンもあります

上のような一瞬で不合格にされてしまうパターンとは逆に、一瞬で合格してしまうような場合も存在します。これは、勤務している会社(職業)、年収額、勤続年数、現在他社からの借り入れが全く無い、過去の借り入れに全く遅延することなく返済している、といった各項目に全く問題が無かった場合です。特にこの中で、最後の借り入れに対して遅延が全く無く返済をしているという点はかなり重要になります。

 

それは普通に考えた場合、今まで全くキャッシングを行ったことがない人とそれなりにキャッシングを繰り返してきた人では、前者の方が信用できると思ってしまうかも知れませんが、消費者金融や銀行ではそうとは判断しないためです。一度も借り入れを行ったことがない人は言い方を変えると、一度も返済を行ったことがないということになります。

 

このような人はきちんと返済を行ってくれるかどうかが未知数なところがあります。それに比べて、過去に何度となく借り入れを行っていて、それに対して一度も返済の遅延をしたことがない人は、返済に関して心配がないという判断ができるです。このような考え方から、初めての借り入れの人より、今まで利用実績がある人の方がスコアが高くなるようになっています。

 

スコアを上げる方法があります

ここで気付いた人も多いと思いますが、この利用実績を積むことで、審査に合格しやすくすることが可能なのです。比較的審査が緩いクレジットカードを契約し、キャッシングを利用した分を1回払いで支払うことを繰り返すことで、キャッシングの利用実績を積み重ねることができます。

 

クレジットカードの利用は信販系の情報になりますが、現金を借り入れるキャッシングを利用した場合、それは消費者金融や銀行からのキャッシングの審査でも重要視される情報になります。審査の緩いクレジットカードとは、使える場所や目的が決められているものが多いです。

 

例えば特定のガソリンスタンドで給油にしか使えないようなカードや、マルイのデパートでしか使用できないカードなどがそれに当たります。これらのカードの利用情報も、もちろん信用機関に記録されます。よってこのようなカードを問題なく利用することで、実績を積むことができます。

 

またアコムが提携しているACマスターカードというクレジットカードがありますが、これも比較的審査が緩く、また世界で使用することができる立派なマスターカードなので、その利用歴はスコアを上げるにはもってこいだといえます。使用できる範囲が少ないカードより、このような色々な場所で使えるカードの利用歴の方がスコアを上げるには向いているのです。

 

希望額で審査に通らない場合、一度このような手を使って実績を作ってから申し込みを行ってみると、すんなり通るようになるかも知れません。絶対ではありませんが、どうしてもの場合はやってみる価値はあるかも知れません。

おすすめカードローンリスト

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日